トップ泉寿荘だより

横浜市老人福祉センター 泉寿荘せんじゅまつり
普段利用している人やサークルの発表と交流の場

 
 横浜市老人福祉センター「泉寿荘」の最大イベント【せんじゅまつり】が、10月17日(土),18日(日)の両日にわたり催されるということで、17日(土)に行ってみた。

 天気予報によると、今日午前中は60〜70%、午後になっても50%の雨ということだったが、降ってもほんの小雨ということもあり、家を出た。家から泉寿荘まで4kmほどの距離だが、歩いているときも雨に当らずに到着。建物の外にも内にも既に大勢の人が来ていた。建物内は昨日から準備、外部は今日早朝から設営にかかったそうだ。幸い雨もなく、大勢の人も来てくれて本当に良かった、と西川所長は語っていた。

 せんじゅまつり”は、今年も1階、2階、屋外のゲートボール場など全館を使って、普段泉寿荘を利用しているサークルや人たちの発表の場、交流の場として催され、近隣の中川、新橋、緑園の各連合自治会などの応援も受け運営されている。

 18日(日)には、横浜市消防音楽隊のドリル演奏、健康チェックとして骨密度や足指力などの測定も予定されている。筆者は都合がつかず、特に迫力ある演奏が聴けず残念。

 作品展示では、会議室、工作室、機能回復訓練室などを使って、各サークルによるフラワーアレンジメント、ペン習字、折り紙、絵手紙、水墨画、書道、陶芸、しんこ細工、パッチワークなどの作品展示が行われ、中には一緒にやりませんか、と体験を呼びかけ参加する人たちも。

 体験コーナーでは、部屋によっては日別、時間制にし、多くの参加者に体験の場がもうけられ、初心者用囲碁教室、お茶席、太極拳、社交ダンスなどが繰り広げられていた。
 
 屋外のゲートボール場には、多くのテントが建てられ、焼きそば、焼き鳥、おでん、カレーライス、飲み物類などの模擬店ができていた。またその一角では、ラダーゲッター、スカットボールといったゲームコーナーもできており、主に子どもたちが楽しんでいた。

 2階の大広間では演芸発表場となっており、17日には46人・組が,18日には53人・組が参加登録されており、9時半から午後の3時半まで、ぎっしりと予定が組まれており、日頃鍛えたのどや踊りを演じることになっている。